« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月21日 (日)

芝の育ち その6 雨にも負けず

8月19日の県立横浜国際高校の芝の様子が届きました。

校舎の2階から見ると、全体的に草もちのように若草色になっている校庭がわかります。

P1030707_2

もう少し、近寄ってみることにしましょう。

19日はかなり激しい雨が降りました。

そのために、校庭は水浸し。

ありゃりゃりゃ・・・

こりゃ田んぼのようですね。

P1030740

水をまくためのホースが、校庭の真ん中まで引っ張られています。

体育の授業が少しでもできるようにと、少しの部分だけ芝を植えませんでした。

それが、ちょうど、川のように水だけになっている部分です。

さらに近寄ってみましょう。

P1030735

芝の葉がかなり伸びてきましたね。

そろそろ、芝刈りをして、上に伸びる芝の葉をカットする必要がありそうです。

芝は上に伸びるのをきってやると、どんどんと横に広がってくる性質を持っています。

ですから、芝刈りが大切になってくるんですね。

そろそろ、おじいさんの出番でしょうか。

おじいさんは、山に芝刈りに・・・

あれ??本当は柴刈ですかね。

P1030750

2011年8月15日 (月)

芝の様子その5、暑さにも負けずがんばってるよ。

横浜国際高校から最新の芝情報が、8月12日に送られてきました。

20110813_02_3

なんとなく、全体が抹茶色になってきたような気がしますね。

先週1週間はうだるような暑さが続きました。こんなに暑かったら、朝撒いた水がお湯になっちゃうんじゃないかと心配してしまうほどです。

現に、昨年も猛暑だったので、撒いた水が太陽の熱で湯になってしまい、芝が枯れてしまったところがあったという話を聞いたように思います。

台風の次は、こんなことを心配している今日この頃です。

20110813_04

ライナー(茎)もよく伸びて、地を張っていますね。すばらしい!!

まだまだ、地肌が見えているところがありますが、これは、散水器からの水があまり届かない場所なのかもしれませんね。

これからも、暑さはしばらく続くと思います。

夕立でも、ゲリラ豪雨でも降ってくれると助かるんですけれど・・・

20110813_01_3

9月下旬には一面の芝になっていると信じて、待っていま~す。

2011年8月 5日 (金)

芝情報その4 

7月9日に芝を植えてから約1ヶ月。7月は灼熱地獄のように暑い日が続き、水遣りの水道代金に頭を悩ませていた事務長や校長先生でしたが、8月に入り、雨がきっと天の恵みに感じているだろうなと想像できる今日この頃です。

本日の芝生の状態です。ポットで植えた芝と芝の間がなんとなく、うす~い緑色に見えてきたような気分もいたします。0804_03

大型の台風が、宮崎を襲っているとの情報をみるにつけ、横浜まで来るのかなあと心配になっています。

雨はうれしいけれど、台風はいやだなあと勝手な望みばかりを抱いています。

今のところ順調ですね。

早く一面の芝にならないかなあとわくわくです。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »