« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

7月28日の芝 

7月9日に神奈川県立横浜国際高校に芝を植えてから3週間弱。

台風にもめげず、芝は順調に育っています。

植えたポット苗からライナーと呼ばれる茎が伸びてきています。

20110728_04

こうやって、ティフトンはその勢力を徐々に伸ばして、気がつくと校庭いっぱいに生えていくのです。

このところ、ちょっと涼しいので、すぐには地面が乾かず、水遣りもそれほど大量の水道水を使用せずに済んでいることと思います。

コスト面で心配が絶えない事務長さんも、ほっと一息というところでしょうか。

2011年7月25日 (月)

芝の続報2週間目 台風が心配でした! 

2010_2

いつも私たちが秋に行うアジアスポーツフェスタで会場となっている神奈川県立横浜国際高校。ここで芝生化の事業が始まりました。

芝を植えてから1週間目、まだ根を張っていないかもしれないこの時期に、台風到来。

P1030571_2

激しい風雨で芝が流されてしまうのではないかと、本当に心配しました。

しかし、その心配は無用でした。

P1030544_2

生徒、教員、保護者で植えた芝が整然と並んでいる様子はまるで田植えが終わったばかりの田んぼのようです。

そういえば、ここで植えたティフトンというポット苗は種のないイネ科の植物なのです。

校庭の奥のほうはすでにグリーンで、芝生ができている状態ですが、これは学校ができたときからある芝と、昨年実験的に広島のどんぐりクラブ屋台村の関口さんと一緒に植えたものなのです。

P1030560

これからこの芝がどのように生長していくか、このページでもお伝えしていければと思っています。

今回の芝生化で予算をつけてくださった神奈川県教育委員会の皆さん、本当にありがとうございます。

2011年7月 9日 (土)

県立横浜国際高校校庭芝生化作業

今日も暑かったですね。

毎年、秋に国内にいるインドシナ半島からの難民を対象にしているアジアスポーツフェスタを行っていますが、この会場となっている横浜市六ッ川にある県立横浜国際高校で、今日芝生化の作業が行われました。

実は一昨年、庭の端っこでちょっとだけ実験。

さらに、昨年は校庭の一部、100平米ほどに芝を植えて、実験をしていました。

県が予算をつけてくださり、今年、本当に待望の芝生植え作業です。

2011070910330000_2

ティフトンの芝の苗を50センチごとに一株、一株、生徒や保護者、教諭が力を合わせて本日作業をいたしました。

午前中はちょっと曇っていて、作業もはかどりましたが、昼に近づくにつれ太陽がぎらぎらと照り始め、皆、水を浴びながらの作業!

2011070911110000

6月17日にはスポーツ基本法が成立し、国民の一人ひとりがスポーツをする権利が保障されました。スポーツを楽しむのには土より芝生です。心も体も変わるのが芝生なんです。

今日植えたこの芝がどのようになるか、これから皆さんに報告をしていきますね。お楽しみに。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »