« 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征だより    その4 | トップページ | 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征便り   その6ブラジルのファン »

2010年6月19日 (土)

荒木田裕子・全日本女子バレー遠征便り    その5 ブラジル到着

Ay12

荒木田裕子です。

ブラジルのずっと北、ナタルというビーチの美しい町に来ています。
と言ってもチームの誰かが雨女?雨男?というわけで雨、よく降ります。
でも、晴れるとバルコニーからの眺めは美しい大西洋。レマン湖とはちょっと趣が違います。地平線の彼方に・・・山はありません。

昨日(17日)はドシャ降り。試合会場までバス移動、前が見えないほど。
それなのにビーチでは豪雨のなかでビーチサッカーする者、車道をランニングする集団。
この国はいったいなんなんだ!

012202

ナタルに来てすぐ、ブラジルの監督、選手数名とこの地方唯一の子供病院を訪問しました。
日本チームは練習時間だったので、私とドクターが代表で。

ブラジルチームは貧しい子供たちや病気の子供たちのサポート活動をしているとか。
けなげに私たちをジョークで笑わせてくれる4歳の小児がん患者の女の子。
病気の子供を見るのは辛いです。ドクターも「自分の子供とオーバーラップしちゃって・・・」
皆早く元気になってほしいです。
子供たちには日本チームのバッジを。とても喜んでくれました。

004

さて、ここではブラジルと2試合の予定。
1万人収容の会場は黄色一色に染まります。
入場券の半分の5千枚はブラジル政府が買い上げて、恵まれない子供たちに食料を提供する人たちに配られるとか。たとえは、砂糖1キロと入場券一枚、こんな感じらしいです。ブラジル式、チャリティです。その食料の一部が子供病院にも配られるとか。

世界を回っていると、さまざまな経験をします。
経験の一つ一つが私を大きくしてくれているような気がします。

私はチームより一足早く帰国します。

« 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征だより    その4 | トップページ | 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征便り   その6ブラジルのファン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203184/48665977

この記事へのトラックバック一覧です: 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征便り    その5 ブラジル到着:

« 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征だより    その4 | トップページ | 荒木田裕子・全日本女子バレー遠征便り   その6ブラジルのファン »