« キャンプの8割が焼失・・・ショック! | トップページ | 横浜でソフトバレーボール大会に参加しました »

2008年3月 5日 (水)

あのサンディアの家も焼失??

大火事で難民キャンプの80%の家が燃えたニュースは昨日お伝えしましたが、今日又新しい写真が届きました。

Img_goldhap3

ああ・・・ゴールドハップのキャンプには私たちがとてもお世話になった女の子の一家があるのです。4月にメダリストたちが訪れたときに、長い黒髪をなびかせてボールを追っていたサンディアです。ちょっと控えめでおとなしいけれど、とてもしっかりとした女の子。ネパ-ル独特の衣装を着てボールを追いかけていたあの少女です。

「そしてボールは空に舞う」の番組をご覧になった方ならおぼえていらっしゃることでしょう。お父さんと一緒に竹で家をどうやって作るのかを説明してくれたあの女の子です。

将来はアメリカに行きたいと、日曜ごとに聖書を読んでミサをしていたサンディアの一家。それから、手話で金坂さんにアイラブユーを何度も教えていた陽気なルーパの家もこのキャンプにあるのです。80%が焼失してしまったと言うことですから、あの村の端にあった家も燃えてしまったのでしょうか。

推測するだけで、調べようがありません。キャンプに一台あるかないかの電話はもちろん通じません。

けが人が7人出て、幸い死者は無かったようですが、本当に心配です。

Img_goldhap2 Img_goldhap4   竹で編んだ壁の家が長屋のように並んでいたキャンプは今ではご覧のような焼け野原。まさにノッパラです。

出火原因はまだわかっていないようですが、キャンプの中でブータン帰還派と米国移住派が反目しあっていたので、そうした原因による放火の可能性もまったく否定できないでしょう。現在原因究明中とのことですが、わずかな蓄えを頼りにしていた住民には晴天の霹靂のような出来事だったことでしょう。         

« キャンプの8割が焼失・・・ショック! | トップページ | 横浜でソフトバレーボール大会に参加しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203184/40387306

この記事へのトラックバック一覧です: あのサンディアの家も焼失??:

« キャンプの8割が焼失・・・ショック! | トップページ | 横浜でソフトバレーボール大会に参加しました »