« 遅くなりましたが1月18日の報告 | トップページ | 山口県の皆さん!放送が決まりました。 »

2008年2月21日 (木)

矢野広美、広島で心のうちを語る

200802171509000_2 2月17日に広島で行われた広島県指導者研修会で、NPO法人バレーボール・モントリオール会のネパール難民キャンプ支援に関する報告と、矢野広美さんのスポーツに対する考え方の変化が報告されました。

200802171200000 広島はスポーツが盛んなことで知られています。野球、サッカーなどのプロスポーツだけでなく、陸上競技、バレーボール、ハンドボールなどとても人気があります。1年に1度行われるこの指導者講習会、今年も熱心な指導者が平和公園の中にある国際会議場に200人近く詰めかけました。

山梨県の身延近くに住んでいる矢野さんは17日早朝、一番の列車に乗って静岡経由で新幹線で広島入り。米原近く関が原の積雪で列車が送れ、13時過ぎにようやく広島に到着。なんと7時間近くかかっていました。

200802171445000

矢野さんが難民キャンプで得た新しい気持ち、さらには、これまで封印してきた過去の悲惨な話を披露すると、会場はその話の迫力に圧倒され、シーンと静まり返りました。

現役時代、バレーボールを楽しめなかったのはなぜか、過去をしっかりと分析したその話に、指導者たちは釘付けになったのです。

今、子供たちや、トップアスリートを指導している現役の指導者たちにどうしても伝えたい、矢野さんの言葉には力がこもっていました。

「まず子供たちに楽しいスポーツを伝えて欲しい」矢野さんの心からの願いで、講演は締めくくられました。

講演を終えて矢野さんはとんぼ返り。再び長い列車の旅で山梨の家に帰り着いたのは23時30分過ぎとのことでした。

広島の指導者の皆さん、長時間、じっと聞いてくださってありがとうございました。

P.S.帰り際に頂いた名物おにぎり弁当、ありがとうございました。新幹線の中でパクパク頂きました。塩味が疲れた身体に沁みました。広島県体育協会堂本次長に感謝です!!

« 遅くなりましたが1月18日の報告 | トップページ | 山口県の皆さん!放送が決まりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203184/40186285

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野広美、広島で心のうちを語る:

« 遅くなりましたが1月18日の報告 | トップページ | 山口県の皆さん!放送が決まりました。 »