« 団塊の世代の方から感想をいただきました。 | トップページ | 矢野広美、広島で心のうちを語る »

2008年2月20日 (水)

遅くなりましたが1月18日の報告

日本ハム東部直販(株)の支援と三郷市教育委員会、三郷ママさんチームの協力を得て、モントリオール会として初めて自主運営のバレーボール教室が1月19日、三郷市総合体育館で開かれました。
1jpg
三郷、草加両市から中学生女子チーム9、約130人が参加して開かれた教室は、代表の神白高子さんの骨折りで実現しました。講師は益子直美さんらトッププレーヤーを育てた元共栄学園高監督の山城正夫さん(74)と神白代表。
1
さすが、と思わせたのは、山城さんの指導でした。バレーボールというより、どの競技でも大切は足、フットワークの大切さ、目的意識を持ってプレーすることの重要性を終始説きながら、パス、スパイクなど基本を教えて行きました。
ポイントごとに、生徒を集め、モデルの生徒を使って、きめ細かく教えます。例えばパス動作、スパイクを打つときのスイング軌道、レシーブフォーメーションなど。「教える方の勉強にもなる」と付き添いの先生もしっかりノートを取っていました。
午前午後、6時間余があっという間。山城先生、ありがとうございました。日ハムさんには感謝。三郷ママさん、お疲れさまでした。あと1回、教室を開く予定です。
報告が遅れてしまいました。
                             奥本浩平

« 団塊の世代の方から感想をいただきました。 | トップページ | 矢野広美、広島で心のうちを語る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203184/40185735

この記事へのトラックバック一覧です: 遅くなりましたが1月18日の報告:

« 団塊の世代の方から感想をいただきました。 | トップページ | 矢野広美、広島で心のうちを語る »