« 京都教育大学の杉本教授から番組の感想をいただきました。 | トップページ | 素敵な感想をいただきました! »

2008年1月16日 (水)

番組の感想・テレビディレクターから

毎日「そしてボールは空に舞う」の感想が寄せられています。某テレビ局の番組ディレクター、斉藤直子さんからも頂きましたので、ご紹介いたします。

Dscf

スポーツはすごい、ということももちろんなのですが、私が一番印象に残ったのは、かつての金メダリストの方々の心情でした。

「バレーボールは辛い」もの、という感覚。傍目にはあれだけ素晴らしいことを成し遂げ、現在も他人に伝える技術を持ちながら、それを生かしてこなかったということがなんだか日本のスポーツの歴史を物語っているような気がしました。彼女たちも、大きなものを難民キャンプから受け取ったのだなと、そんな気がしました。「スポーツは素晴らしい」ということを伝えうる人たちが、その素晴らしさを肌身に感じられてこなかったのが、もったいないですよね。最近の若い人たちはどんどん変わっていっているし、テレビでそのすごさを見る機会が圧倒的に増えたので、ずいぶん変化してきているとは思いますが・・・・。

難民キャンプの女の子たちの笑顔とともに、金メダリストたちの帰国後の表情がとても印象に残りました。いい番組をありがとうございました。

斉藤さん、感想メッセージありがとうございました。斉藤さんの番組も楽しみにしています。

« 京都教育大学の杉本教授から番組の感想をいただきました。 | トップページ | 素敵な感想をいただきました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203184/17717797

この記事へのトラックバック一覧です: 番組の感想・テレビディレクターから:

« 京都教育大学の杉本教授から番組の感想をいただきました。 | トップページ | 素敵な感想をいただきました! »