2012年11月 3日 (土)

アジアスポーツフェスタの様子が・・・

アジアスポーツフェスタの様子が横浜市のスポーツ広報ウェブに掲載されました。

写真満載で当日の雰囲気がよく出ています。tennissportssoccer

是非ご覧ください。

http://www.hamaspo.com/sportsblog/2012/11/bmid_2012110119151700013.html

私たちの写真でのご報告は今しばらくお待ちください。

現在写真を選別中です。coldsweats01

2012年10月29日 (月)

アジアスポーツフェスタ2012無事終了!

アジアの人々のパワー恐るべし!

いやあ昨日はスポーツを楽しむ人々のエネルギーで体育館が爆発しそうでした。日本に滞在する難民の方々と一緒に楽しむアジアスポーツフェスタ2012が県立横浜国際高校で無事終了。モントリオール五輪金メダリストが指導するバレーボールの試合、プロテニスプレイヤー赤羽毅朗さんのサーブエキシビション、さらにはサポーターも一緒になっての障害物競走など、いろんな国の歓声が響き渡る大会でした。

 

そして、この大会おなじみの異文化体験、今年はラオスのスープをプンサワット・シ
ーさん母娘指導のもと、高校生の保護者の方々が作ってくださいました。これがおいしいのなんのって・・・豚の骨付き肉、さらにはミンチ、大根人参がたっぷり入り、最後ニョクマムで味付けをした透明なお汁。体と心が癒されるお味でした。国を理解するには食は大事なファクター。

002

今年もベトナム、ラオス、カンボジア、そして日本のみんながスポーツと舌を通してエキサイティングで楽しい時間を共にすることができました。協力してくださった皆様、ありがとうございました。
(左がシーちゃん、右お二人は保護者の方です。)

大会の試合の様子はおいおいお伝えしていきます。

2011年12月17日 (土)

盛り上がって13回目、高柳杯

懐かしい顔は元気いっぱいでした。吉田昌子理事主催のママさんバレーボール大会、高柳杯は13回を数え12月3日、小平市鷹の台の小平市市民総合体育館で1都2県から18チームが参加して開かれました。70代から20代まで200名を超えるママさんバレーボーラーは日頃のストレスをボールにぶつけ、コートいっぱい駆け回っていました。吉田理事(旧姓高柳、愛称タカ)は居住の小平市で「吉田クラブバレーボール教室」を主宰、小平けやきチームを指導しています。バレーボールで培った人脈を伝手に11の協賛社を得て、大会経費を賄い、自らの”教えママ”が中心になって競技を運営していました。懐かしい人にも出会いました。「バレーボール友の集い」(渋谷区)の水原理枝子さん(現姓伊藤=元ユニチカ、幻の80年モスクワ五輪代表)や「すずきクラブ」(八王子市)の鈴木春美さん(元日立、愛称ハミ)、ふたりとも監督として采配を振るっていました。明るい笑顔は現役時代と変わらず素敵でした。

タカさんだけではありません。モン・スポの理事、金メダリストたちはそれぞれの居住地でキャリアを生かした活動をしています。まだプレーを楽しんでいる人もいます。横山樹理さん(現姓西川)は北九州でソフトバレーの教室を持ち、大会を10年続けています。もっとすごいのは飯田高子さん(現姓神白)、草加市、三郷市を中心に30年近く神白杯を開催、ママさん、中学生、小学生と幅広く結集して、バレーボールの普及と発展に努めています。将来はこれらの大会を発展させモン・スポ杯を開催できればと夢を追っています。

今後も折を見て金メダリストたちの活動をスケッチしていきます。

2011年12月 4日 (日)

アジアスポーツフェスタ2011の写真を・・・

Koredayosjpg

皆様、大変おまたせいたしました。

10月30日に行われたアジアスポーツフェスタの写真をフェイスブックにアップし始めました。

時間軸に沿って、朝8時の様子、9時の様子・・・と続いていきます。順番にアップしていく予定ですので、是非こまめにチェックしてくださいね。

         

http://www.facebook.com/MonSport?sk=wall

2011年11月11日 (金)

アジアスポーツフェスタ無事終了!!

アジアスポーツフェスタ2011は10月30日に行われ、大成功に終わりました!!

今写真を整理しているので、ちょっとお待ちくださいね。

2011_026

インドシナ半島から、日本にやってきた難民の人たちにとって、この大会も4回目を向かえ、楽しみの一つに定着してきたようです。

ベトナムの若者たちは夏から体育館を予約して定期的に練習をしてきたそうです。

そのかいあって、今回はカンボジアに勝利しました。その試合ぶりは、応援の熱の入り方から、ラリーの応酬まで、「まるで世界選手権みたいですね」と学生が驚くほどの白熱振りでした。

2011_047

優勝を決めたときの喜びは凄かった!!

ボランティアで「支えるスポーツ」を実践してくださった皆様、ご協賛くださった皆様、ご後援くださった皆様、ありがとうございました。

現在報告書を作成中です。

出来次第また、ご報告いたします。

2011年10月11日 (火)

芝のお披露目

7月に植えた芝がこんな風になりました。

P1040874_2 しっかり芝が土を覆っています。

50センチおきに、ポット苗を植えつけたものが、お互いに茎を伸ばしながら、全面芝になりました。

最初のポットの場所がどこだかわからないくらいに密生していますね。

手入れをしてくださった皆さん、ありがとうございました。今年の夏は暑かったから本当に大変だったと思います。

そして、今まで、大事に育てられてきた芝の上で、本格的にスポーツをするときがやってきました。いよいよ、お披露目です。

P1040817_2

手前の土のところは、芝生を養生している間も体育の授業が行えるように、あえて芝を植えなかった場所です。

P1040826 芝の上で行われるサッカーは格別です。

ボールの回りも、足の回りも、心も回りも、全部心地よい!!

本来スポーツはこういうところで気持ちよくやるものなんですよね。

思えば、試験的に苗を学校に持ち込んだのが一昨年。

そして、去年、校庭の隅で、200平方メートルほど実験で植えて、今年本格的にゴーサインが出たんですね。

物事は何でも少しずつ、みんなにわかってもらえるように徐々に進めて、そして一気にゴーですね。これも校長先生ががんばり、神奈川県の教育委員会の方が理解をしてくださったからこそです。

校庭を芝にすると、砂がご近所に飛ばないし、夏は教室に涼しい風が吹き込むし、うつ病など精神的に鬱屈する生徒も減るといわれています。

いい事ずくめが、これから続くといいですね。

まずは10月30日アジアスポーツフェスタで、子供たちが駆けまわれますように。おてんとうさん、よろしくね!

2011年9月17日 (土)

アジアスポーツフェスタ初回打ち合わせ

10月30日に神奈川県立横浜高校で行われるアジアスポーツフェスタの打ち合わせが、本日午後1時から3時まで、高校の多目的会議室で行われました。

今日は、モン・スポの代表理事・髙木(白井)貴子をはじめとし、高校の笠間副校長、PTA会長の森田さん、ベトナム代表の紀さん、元難民事業本部の志賀ツヤコさん、それに早稲田の学生、久保さんや落合さん、さらには地元横浜市南区の体育指導委員の坂本さん、柏木さん、今大会もプロデュースをする宮嶋など、合計11名が集まりました。

ゲームの仕方や、役割分担などお話をし、あっという間の2時間でした。

打ち合わせが終了して、ワイワイと向かったのが、グラウンドが見渡せる2階のバルコニー。

Dscf7014

去年と全く違うグランドに、みんな、アッと息を呑んでおりました。

これまで学校の芝生化を見てきた志賀さんも「こんなにきれいな芝は見たことがないわ。本当に7月に植えてまだ2ヶ月しかたっていないの?」と驚きの表情でした。

10月30日は、このグランドでアジアの子供たちが走り回り、さらには、みんなでエキデンも楽しめそうです。

今から、快晴を願うばかり。

2011年9月11日 (日)

芝の様子 その7 青い空と緑の校庭の美しさ

芝を植えてから2ヶ月が経過した9月9日の様子です。

2011_09_09_01

県立横浜国際高校の生徒たちは、夏休みが終わって登校して、さぞかしびっくりしたことでしょう!

これまで土がむき出しだったグラウンドがご覧の通り、草もちみたいになっているんですから。

こんな芝の上で、思いっきり走ってみたい!

ごろごろ寝転がることもできそう!

何よりも、真夏には、平均温度がぐっと下がるんだそうです。涼しい風を受けながら勉強することだって夢ではないのです。

2011_09_09_02_2

ご近所にとっても、嬉しいことがあるんですよ。学校の近隣にお住まいの方には風の強い日が悩みの種。グラウンドの土ぼこりが飛んできて、ベランダで干していた洗濯物が台無しになってしまうからです。

でも、芝があれば大丈夫!

もう土ぼこりは飛んできません。もちろんこのティフトンという芝は、種がない芝ですので、種が飛んでいくこともありません。

この写真の手前のところは、体育の時間のために、芝を植えなかった箇所です。

でもそのうちもここも、芝になってしまいそうな気配・・・

2011_09_09_03_2

台風12号の大雨で心配された芝ですが、その間に、しっかり根を張って、益々元気になったようです。

この勢いで、この後の台風の時期も乗り越えてほしいですね。

10月30日にアジアスポーツフェスタをここで行うのですが、その頃には、どんなになっているんでしょうか。ちょっと茶色になりかけている時期かな??

2011_09_09_04 アジアスポーツフェスタで毎年横浜国際高校へやってきているベトナムや、カンボジア、ラオスの人たちも、この芝を見たら、きっとびっくりするでしょうね。

ずっとねそべっていた~い!って言い出すかもしれませんね。

土が見える部分がどんどん少なくなってきていますよ。

まだ、ちょっとでこぼこしたところがありますが、これは、どんどん芝刈りを進めていけば、きれいに平らになってきます。

これからは芝刈りがポイントになりそうですね。

クラス対抗で芝刈りをしようかなとおっしゃっていた校長先生ですが、どうなさるか、楽しみです。

2011年8月21日 (日)

芝の育ち その6 雨にも負けず

8月19日の県立横浜国際高校の芝の様子が届きました。

校舎の2階から見ると、全体的に草もちのように若草色になっている校庭がわかります。

P1030707_2

もう少し、近寄ってみることにしましょう。

19日はかなり激しい雨が降りました。

そのために、校庭は水浸し。

ありゃりゃりゃ・・・

こりゃ田んぼのようですね。

P1030740

水をまくためのホースが、校庭の真ん中まで引っ張られています。

体育の授業が少しでもできるようにと、少しの部分だけ芝を植えませんでした。

それが、ちょうど、川のように水だけになっている部分です。

さらに近寄ってみましょう。

P1030735

芝の葉がかなり伸びてきましたね。

そろそろ、芝刈りをして、上に伸びる芝の葉をカットする必要がありそうです。

芝は上に伸びるのをきってやると、どんどんと横に広がってくる性質を持っています。

ですから、芝刈りが大切になってくるんですね。

そろそろ、おじいさんの出番でしょうか。

おじいさんは、山に芝刈りに・・・

あれ??本当は柴刈ですかね。

P1030750

2011年8月15日 (月)

芝の様子その5、暑さにも負けずがんばってるよ。

横浜国際高校から最新の芝情報が、8月12日に送られてきました。

20110813_02_3

なんとなく、全体が抹茶色になってきたような気がしますね。

先週1週間はうだるような暑さが続きました。こんなに暑かったら、朝撒いた水がお湯になっちゃうんじゃないかと心配してしまうほどです。

現に、昨年も猛暑だったので、撒いた水が太陽の熱で湯になってしまい、芝が枯れてしまったところがあったという話を聞いたように思います。

台風の次は、こんなことを心配している今日この頃です。

20110813_04

ライナー(茎)もよく伸びて、地を張っていますね。すばらしい!!

まだまだ、地肌が見えているところがありますが、これは、散水器からの水があまり届かない場所なのかもしれませんね。

これからも、暑さはしばらく続くと思います。

夕立でも、ゲリラ豪雨でも降ってくれると助かるんですけれど・・・

20110813_01_3

9月下旬には一面の芝になっていると信じて、待っていま~す。

2011年8月 5日 (金)

芝情報その4 

7月9日に芝を植えてから約1ヶ月。7月は灼熱地獄のように暑い日が続き、水遣りの水道代金に頭を悩ませていた事務長や校長先生でしたが、8月に入り、雨がきっと天の恵みに感じているだろうなと想像できる今日この頃です。

本日の芝生の状態です。ポットで植えた芝と芝の間がなんとなく、うす~い緑色に見えてきたような気分もいたします。0804_03

大型の台風が、宮崎を襲っているとの情報をみるにつけ、横浜まで来るのかなあと心配になっています。

雨はうれしいけれど、台風はいやだなあと勝手な望みばかりを抱いています。

今のところ順調ですね。

早く一面の芝にならないかなあとわくわくです。

2011年7月28日 (木)

7月28日の芝 

7月9日に神奈川県立横浜国際高校に芝を植えてから3週間弱。

台風にもめげず、芝は順調に育っています。

植えたポット苗からライナーと呼ばれる茎が伸びてきています。

20110728_04

こうやって、ティフトンはその勢力を徐々に伸ばして、気がつくと校庭いっぱいに生えていくのです。

このところ、ちょっと涼しいので、すぐには地面が乾かず、水遣りもそれほど大量の水道水を使用せずに済んでいることと思います。

コスト面で心配が絶えない事務長さんも、ほっと一息というところでしょうか。

2011年7月25日 (月)

芝の続報2週間目 台風が心配でした! 

2010_2

いつも私たちが秋に行うアジアスポーツフェスタで会場となっている神奈川県立横浜国際高校。ここで芝生化の事業が始まりました。

芝を植えてから1週間目、まだ根を張っていないかもしれないこの時期に、台風到来。

P1030571_2

激しい風雨で芝が流されてしまうのではないかと、本当に心配しました。

しかし、その心配は無用でした。

P1030544_2

生徒、教員、保護者で植えた芝が整然と並んでいる様子はまるで田植えが終わったばかりの田んぼのようです。

そういえば、ここで植えたティフトンというポット苗は種のないイネ科の植物なのです。

校庭の奥のほうはすでにグリーンで、芝生ができている状態ですが、これは学校ができたときからある芝と、昨年実験的に広島のどんぐりクラブ屋台村の関口さんと一緒に植えたものなのです。

P1030560

これからこの芝がどのように生長していくか、このページでもお伝えしていければと思っています。

今回の芝生化で予算をつけてくださった神奈川県教育委員会の皆さん、本当にありがとうございます。

2011年7月 9日 (土)

県立横浜国際高校校庭芝生化作業

今日も暑かったですね。

毎年、秋に国内にいるインドシナ半島からの難民を対象にしているアジアスポーツフェスタを行っていますが、この会場となっている横浜市六ッ川にある県立横浜国際高校で、今日芝生化の作業が行われました。

実は一昨年、庭の端っこでちょっとだけ実験。

さらに、昨年は校庭の一部、100平米ほどに芝を植えて、実験をしていました。

県が予算をつけてくださり、今年、本当に待望の芝生植え作業です。

2011070910330000_2

ティフトンの芝の苗を50センチごとに一株、一株、生徒や保護者、教諭が力を合わせて本日作業をいたしました。

午前中はちょっと曇っていて、作業もはかどりましたが、昼に近づくにつれ太陽がぎらぎらと照り始め、皆、水を浴びながらの作業!

2011070911110000

6月17日にはスポーツ基本法が成立し、国民の一人ひとりがスポーツをする権利が保障されました。スポーツを楽しむのには土より芝生です。心も体も変わるのが芝生なんです。

今日植えたこの芝がどのようになるか、これから皆さんに報告をしていきますね。お楽しみに。

2011年5月20日 (金)

愛称が決定!モン・スポ Mon Sport

2010 こんにちは、宮嶋泰子です。

5月15日にNPO法人バレーボール・モントリオール会の総会が東京千駄ヶ谷のバレーボール協会会議室で開かれました。

今回はたくさんの協議事項があり、一つ一つ丁寧に議論がなされ、実に実り多い会議になりました。

2011051514090000_2

この会もたくさんのアスリートやスポーツ選手に支えられ、ここまで成長することができました。今では、バレーボールに限らず、大変多くのスポーツ関係の方がサポートをしてくださっています。そこで、これからは、NPO法人バレーボール・モントリオール会は、愛称を「モン・スポ」として、さらに皆様に広く愛される団体になっていきたいと思っております。

モントリオール会のモンをとり、モン・スポ

フランス語で、私のスポーツという意味を持つモン・スポ Mon Sport

どうぞ、モン・スポ をどうぞよろしくお願いいたします。

Img

,この写真は向かって左側にいらっしゃる水野正人さんが、自動撮影してくださいました。

2011年5月13日 (金)

カンボジアの方も東日本大震災被害者支援

2010_2

こんにちは、宮嶋泰子です。

これまで毎年10月に横浜で行ってきた「アジアスポーツフェスタ」では日本に定住するアジアからの難民の方に、スポーツの楽しさを知っていただきながら、インドシナ難民同士同士の交流や、日本の高校生との交流を目的としてきました。

今回とてもうれしい情報が入りました。

在日カンボジアコミュニティー、在日カンボジア調整委員会、さらには、在日カンボジア人の皆さんが募金をして下り、東日本大震災被災者支援のドラえもん募金に15万6千72円を寄付してくださいました。

Photo

本当にありがとうございました。heart02

難民の方たちが、これまでお世話になった日本に何か恩返しをしたいという気持ちで、募金をしたとのことです。困ったとき、つらいときにはみんなが手を携えて助け合う。人と人のつながりですね。

2011年5月 4日 (水)

チャリティーコンサートのお知らせ

Eettos_2

  東日本大震災のサポートのため、いろいろなチャリティーが行われていますが、今日お知らせするのは、横浜の綱島で行われるメゾソプラノのオペラ歌手、北澤 幸さんのコンサートです。

20110122 北澤さんのお父様、北澤茂章さん(故人)は、かつて青山学院大学でバレーボールの選手として活躍、その後、テレビ朝日のバレーボール担当Pとして活躍されました。

そんなご縁から今回もお知らせをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

5月8日 日曜日 17時開演

横浜市綱島地区センター 体育館

上履き、靴入れをお持ちください。

入場料は500円 (被災地支援のため寄付します)

出演 北澤 幸 (メゾソプラノ)

    児玉ゆかり(ピアノ)

    安在 創 (アコーディオン)

前売りは4月19日から綱島地区センターで販売。

当日券もあります。

ということで、お時間のある方は是非お出かけください。

2011年4月27日 (水)

東日本大震災 私たちにできること

3月11日、東日本大震災で被災された皆様へお見舞い申し上げます。さらにはなくなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

「スポーツに何ができるのか」とこの1ヶ月半近く、自問自答する日々でした。

Eettos

公益法人日本バレーボール協会から依頼されて、私たちのNPOの金メダリストたちも募金活動に参加し、少しはお手伝いをさせていただきました。heart01

また、これまでご一緒にスポーツ振興をしてきた総合型地域スポーツクラブやスポーツ少年団の皆さんからSOSが出されるたびに、望まれる物資をわずかばかりですが、お渡ししたり、その情報を広めたりしてきました。

お手伝いくださった日本全国の皆様ありがとうございました。

★4月上旬には福島の避難所でお世話をしている半澤さんから、避難所の高齢者が楽しめるゲームのようなものを集めたいと要望があり、私たちのNPO理事や多くの総合型の方々が家の中で眠っているカードを送りました。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。clover

★4月下旬には向陽台青空スポーツ少年団(koyodai_club@yahoo.co.jp)団長の佐藤一彦さんから、避難者の皆さんの靴がどろどろになってきたので、靴を送ってくれないかという要望がありました。

このリクエストに即座に答えてくれたのが、秋に私たちのNPOと一緒にアジアスポーツフェスタを行っている神奈川県立横浜国際高校でした。卒業生たちの体育館シューズがありましたので、それを送ってもらいました。新品ではありませんし、生徒たちの名前が書いてありましたが、きれいに洗って送り、佐藤さんには大変喜んでいただけました。scissors

佐藤さん、少しでもお役に立てて、私たちも嬉しいです。

さらに、佐藤さんから、「女性たちが洗顔のあとの化粧水が欲しいといっている」とうかがいましたので、現在皆さんに声をかけて、家の中で眠っている未使用の化粧水を集めています。避難されている人たちの要望は、毎日変わってくるようですね。shine

このリクエストにも、全国からこたえていただいております。本当にありがたいことです。

★昨日、4月25日、新たなリクエストがありました。

私たちも大変お世話になっている岩手県北上のフォルダという総合型地域スポーツクラブのGM司東さんが「ゆいっこ」という組織を急遽作って、震災の日から連日、陸前高田で支援を行っています。北上から毎日往復4時間をかけての支援ですから本当に頭が下がります。http://folder.kitakamicity.com/ riceballcakebreadnoodle

司東さんにうかがったところ、電気が通るようになって、電気釜が欲しくなったりと、だんだん普通の生活で必要なものを望むようになってきているとのことでした。

これから暑くなると帽子も必要ですね。

そこで、本日町を駆け回って長靴を探し、長靴を23足、サンダルを18足、今日送りました。みんなとワイワイ2回食事に行くと思って、物資提供ですcoldsweats01

商品の詳細

焼け石に水かなとも思いますが、陸前高田の人々は全てを津波に奪われてしまったのですから、誰かがはいて、片付けの仕事などができ、次の生活へのめどを立てるきっかけになってくれればと思っています。

司東さんによれば、今欲しいものとしては、以下のようなものがあるそうです。

★電気炊飯器、
★運動会などで使うようなテント
★新しい下着
★スニーカー
★長靴
★日差しが強くなってくるので、帽子
★化粧水、UVクリーム

送り先は 
〒024-0033 北上市幸町1-30 
北上市勤労青少年ホーム内 ゆいっこ北上本部 
代表 司東道雄

皆様、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

2010年11月 7日 (日)

アジアスポーツフェスタ2010大成功で終了!!

ご報告が遅れました。今年も無事終了です。

10月24日県立横浜国際高校で行われたアジアスポーツフェスタは感動的なシーンをたくさん私たちの脳裏に残してくれました。本当に、今年は一番、やってよかった!っと感動しました。

101024102857066

国内に定住するインドシナ難民の方たちを対象に行われたこの大会も今年で3回目。ようやく運営する側も勝手がわかるようになってきました。ベトナム、カンボジア、ラオスと難民の皆さんのお顔も覚えることができるようになりました。顔と名前が一致してくるって、嬉しいことですね。happy01

実は、始まる前はいささかどきどきだったんです。今年は、難民にとって最も大きなイベント「定住難民の集い」が都内で行われる日とバッティングしてしまって、申し込み人数も少なかったので、どうなるのかと心配していたんです。ところが、蓋を開けてみれば、それが功を奏した面もありました。参加者が去年の半数ほどだったこともあり、サポート側と参加者が一体になって、一緒にプレーをしたり、競い合ったりと、これまでにはない素敵な運営ができたのです。

5

Dsc_065

さらには、WAVOC主催のEKIDEN for PEACEが同時開催され、往年の名ランナー瀬古利彦さんとタンザニアのイカンガーさんも合流。バレーとエキデンがコラボレーション。初めてタスキを渡す人たちがほとんどで、大盛り上がり。

101024144614017

アジアスポーツフェスタ恒例のお楽しみ時間には、横浜国際高校の前身、外語高校OGの福徳さんたちによる見事なチアリーディングもあり、さらには世界チャンピオン安藤勇太さんの一輪車パフォーマンスもありで、参加者はこれまた釘付けでした。

最後は今回もご協賛をいただいた各社からのご好意で、難民の人たちはたくさんの参加賞を持って家路につくことができました。

ミズノ株式会社、山崎パン、丸美屋、大塚製薬、ミカサ、以上ご協賛くださった各社様、さらには国連難民高等弁務官事務所、横浜市民局からもご後援をいただきました。皆様、本当にありがとうございました!

101024152103039

くわしい報告はHPでいたしますので、ご期待ください!

2010年9月29日 (水)

御礼!チャリティートーク&ライブ「しあわせ薬と処方箋」無事終了!

Koredayosjpg_2

ご報告が遅れました。あまりの疲労でぐったりとし、脳細胞がぴちぴと音を立てて壊れていたこの3日間でした。

9月26日、横浜の南西のはずれ、いずみ中央のテアトルフォンテにお越しくださった皆様。ありがとうございました。来てくださった皆様お一人お一人に深く深く感謝いたします。

Dscf6607_2

国連UNHCR協会事務局長高嶋由美子さんの軽快なお話とクイズにジャミン・ゼブの4人も当意即妙に答え、特にオーストラリア出身のレンセイさんは持論を展開。難民を同じ人だとシンパシーを持って付き合う必要があるとメッセージをくださいました。

私たちモントリオール会が難民キャンプで行ったスポーツ支援や、国内の定住難民を対象にしたスポーツ支援から見えてくるものは、「人間が人間らしく生きていくためには、衣食住プラスアルファーのものが必要である」ということでした。アルファーはスポーツであったり、音楽であったり、踊りであったり、いわゆる人間の楽しみだと思います。また、同時に、こうした活動を通じて実感できたことは、「自分たちが与えていると思っていて、本当は与えられていた」ということかもしれません。

Dscf6680

今回もこのイベントに、直前に飛び入り参加で、ベトナム難民の二世の子供たちの民族舞踊が入りました。これも大きなプレゼントでした。

そして、見事なハーモニーを聞かせてくれたジャミン・ゼブの歌声に、会場が酔いしれました。今回はジャミンファン以外の方が半数を占めていたのですが、皆さん、すっかりとりこになってしったようです。「思わぬプレゼントをもらった。」「なんだか得をした気分」「ファンになってしまいました」など、私のもとにも多くの声が届きました。

今回は、素人のボランティア集団が初めてこのようなイベントに挑戦したため、お客様にはチケットの連絡や送付が遅れたり、はたまた、チケットやチラシの重量をしっかり計らずにいたため、10円不足で、皆さんにお支払いいただくというご迷惑をおかけしたこともありました。遅ればせながら、深くおわびいたします。

Dscf6605

異種格闘技で、紆余曲折あったイベントでしたが、フタを開けてみれば、中身はほんわかとした温かいものになったのではないかと思っております。なんだか「幸せな気分で会場をあとにしました」とお声を頂いたときには本当に嬉しかったです。

足を運んでくださった観客の皆さん、ボランティアでお手伝いをしてくださった大学生、高校生の皆さん、さらには照明や音響の技術スタッフの皆さん、そして、何よりこの企画に賛同してご出演くださった皆さん、このイベントに携わってくださったすべての皆さんのおかげで、無事終了することができました。本当にありがとうございました。

Dscf6595

2010年8月27日 (金)

荒木田裕子の全日本女子バレー便り

Ay12 皆さん、こんにちは、荒木田裕子です。今回も中国からお伝えします。

ワールドグランプリ決勝ラウンド初日、日本は北京オリンピックのチャンピオン・ブラジルを3-2で破る大金星!ブラジルの選手もスタッフも負けを信じられない様子。

3週間前にはブラジル・サンカルロスでは完膚なきまでに打ちのめしたはずなのに・・・と、きっと思ったことでしょう。

日本チーム、よくがんばりました。13点しか取れなかった第1セットからよく立ち直りました。感動的な試合でした!

そして二日目、相手は地元中国。初日にイタリアに3-0で完敗した中国。

中国女子の本拠地(寧波)ということもあり、日本戦の中国はかなり気合が入っていました。日本の勝ちパターンはサーブで攻めてコンビで決める。中国もおなじようなバレーを大きな選手達がやります。最後は日本の詰めの甘さがでて3-1で敗れました。

001_3

さて、前回ここ寧波の市民の生活ついて触れましたが、今日はその続きです。
太極拳や体操のあと、皆さん家に戻る前に屋台のお店に立ち寄ります。
タオルでほおかむりしているおばさんが売っているのはお焼きのようなもの。お手ごろ値段のようで、子供達の腹ごしらえにはうてっつけのようです。おじさんの店は揚げパン。一番奥のお姉さんは野菜入りオムレツを売ってます。このお店の反対側には饅頭のお店が・・・寧波の朝は結構楽しそうです。

5連戦の決勝ラウンド。負けても前に前に進まなくてはなりません。今日3日目の相手はイタリアです。

2010年8月25日 (水)

荒木田裕子の全日本女子バレー便り

Ay12 皆さんお早うございます。
中国・寧波に来て3日目です。
いつも朝は気分にまかせて走ったり、歩いたり・・・何もしなかったりなのですが、今朝は写真を撮らねばという使命感に燃えて公園に出かけてきました。

006_2

いるいるいる・・昨日と同じ人たちがそれぞれのグループに分かれて思い思いのスポーツ(体操のほうが似合いそう)を楽しんでいます。

一枚目の写真は中国ならどこでも見られる太極拳グループ。太極拳は中国スポーツの王道をいっているのでしょう。いつもこのお寺の真正面を陣取っています。

008_3

朝6時前でも日差しは強く、日焼けを気にするおばさん達のグループの定位置は日陰。

おそろいのTシャツに刀。このいでたちで「イー、アール、サン、スー」の掛け声が入った音楽に合わせて踊っています。

太極拳の「刀バージョン」でしょうか。こんな風景を見ていると、中国のパワーを感じます。

ワールドグランプリ決勝ラウンド、日本は今日ブラジルと対戦します。

2010年8月24日 (火)

荒木田裕子の全日本女子バレー遠征便り

Ay12

皆さんこんにちは、荒木田裕子です。

さて、今日は中国からです。

日本チームは予選ラウンド4位という見事な成績でファイナルラウンド進出を決め、チームは昨日中国の寧波に到着しました。

とにかく暑いです。誰かが「40度あるそうだよ」と言ってましたが、もしかしたらそうかも・・・。

今朝早起きして近所の公園にジョギングに行きました。相変わらず沢山の人たちが太極拳やダンスをグループに分かれて楽しんでいました。
でも、そんな人たちも公園にいるのは朝7時ごろまで。その後、公園をうろちょろしたら熱中症になること間違いなしです。明日のジョギングにはデジカメ持参で健康志向の寧波の皆さんを激写してきます。

001202


ファイナルラウンド初日を明日に控えて今日はプレスコンファレンスがありました。

いつもは監督だけの会見ですが、今回はキャプテンも参加。やっぱり選手が
いると華があります。いいですね。

でも、質問は監督たちに集中してキャプテンにはなく残念!

日本チームは明日、予選ラウンドで簡単にやられたブラジルと対戦します。

なんとかリベンジしたいものです。

2010年8月22日 (日)

9月26日チャリティートーク&ライブチケット好評発売中!!

Img_0001

9月26日に行われるチャリティートーク&ライブのゲストは、8月中旬までその名前を公表することを控えておりました。そして、発表すると同時に、「やっぱりそうだったのね!」とたくさんのお申し込みをいただいています。

くわしくはこちらからどうぞ。http://blog.livedoor.jp/asian_concert/

さて、ゲストのjammin'Zebについて、今日はご紹介いたします。

普段はスポーツのことばかりに携わっているので、音楽関係のことにはトンと疎いのですが、関係者に当たって、くわしく調べました。なかなかの実力者ですぞ。

2010_2

個性豊かなボーカル、卓越した美しいコーラス・ワーク、そして端正なルックスで、ブレイクへの階段を駆け上るジャミン・ゼブ。

平均身長180cm4人のうち3人がハーフという華やかな存在でありながら、その実力には誰もが感嘆の声をあげます。全員が絶対音感を持つ彼らでしかできない珠玉のハーモニーは、特にアカペラで発揮されます。

テレビ朝日『題名のない音楽会21』、NHK-FM『セッション2009』、NHK-BS『映画音楽大全集』などへの出演を始め、世界的なジャズフェスティバルへも出演。

松坂投手の活躍するボストン・レッドソックスとオークランド・アスレチックスが東京ドームで開幕戦をおこなった際に2日間にわたりアカペラで日米両国歌を歌い話題になったことは記憶に新しいところです。

2010年8月19日 (木)

荒木田裕子の全日本女子バレー便り・・・・グランプリ賞金ゲット!グランプリ初の快挙達成

こんにちは、荒木田裕子です。
今日は全日本女子バレーうれしいお知らせです。
サンパウロからパリ経由で関空へ、サンパウロまでのバス移動4時間を入れるとなんと32時間の旅。
強度の疲労、時差ぼけ、それでも日本チームは頑張りました。ドイツ、タイペイ、ポーランドの強豪を破って第2ラウンドは一位!
一位の賞金3万5千ドルのパネルを前にスタッフも記念写真を撮りました。嬉しいです。

008_3_2

その夜、ホテルに戻ってFIVBのウエブサイトをチェックしたら、日本はなんと総合ランキング一位。グランプリ始まって以来の快挙です。
そして、今週は東京で予選ラウンド第3週目です。イタリア、ドミニカ共和国、オランダと対戦します。決勝ラウンドにコマを進めるにはあと1勝が絶対必要です。応援よろしくお願いいたします。

«荒木田裕子の全日本遠征便り・・・ブラジルから北京へ